灼熱 評伝「藤原あき」の生涯

灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(63)

執筆者:佐野美和 2019年8月4日
エリア: 北米 アジア
まだ戦争前、家族そろって洋行から帰国した頃(下関市「藤原義江記念館」提供、以下同)
 

第4章 新たな船出

 観光客で賑うJR鎌倉駅周辺を避け、大船駅からタクシーに乗ること十数分。緩やかな上り坂が長く続いていくと、頭上にはモノレールが走る。

 この辺りは、春にソメイヨシノが花をつける桜の名所だ。

 すると目の前にひらけて見えたのは、「鎌倉山」と彫られた高い石碑を中心にした、小さな三叉路のロータリーだった。

「ここからが鎌倉山です」

 運転手の声を合図に車は山道に入っていく。山道といっても両側2車線の道路で、隔離された歩道は無い。

カテゴリ: 社会 カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
佐野美和 政治キャスター。東京都八王子市出身。株式会社チェリーブロッサムインターナショナル代表取締役。大学在学中、フジテレビの深夜番組として知られる『オールナイトフジ』のレギュラーメンバー「オールナイターズ」の一員として活躍した。1992年度ミス日本に選ばれる。TBSラジオのパーソナリティ、TBSラジオショッピングの放送作家を経て、1995年から2001年まで八王子市議会議員として活動。以後はタレントとしてテレビ出演のほか、講演会も精力的に行う。政治キャスターとしてこれまで600人以上の国会議員にインタビューしている。主な書籍に『アタシ出るんです!』(KSS出版)、『あきれたふざけた地方議員にダマされない!』(牧野出版)などがある。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top