「最高益」なのに「株下落」で分かる「パナソニック」「ソニー」の悪循環

執筆者:杜耕次 2019年10月8日
エリア: 北米 日本
左=パナソニックHP、右=ソニーHP
 

 リーマン・ショックで日本のエレクトロニクス産業が総崩れとなり、「第2の敗戦」と呼ばれたのは10年前。「サムスン電子」や「LGエレクトロニクス」など韓国勢に薄型テレビの世界市場の主導権を奪われたのは、象徴的な事例だった。

 プラズマや液晶パネルを含むテレビ事業の巨額損失を主因に、2012年3月期には「パナソニック」が7722億円、「ソニー」が4567億円の連結最終赤字を計上した。両社の経営トップは退場を迫られ、それぞれの後継者によって会社を半ば解体するという、熾烈なリストラによってようやく業績は回復。2019年3月期は共に最高益を更新するに至った。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top