実は残業減っていない「働き方改革」の「盲点」

執筆者:鷲尾香一 2019年10月28日
タグ: 日本
エリア: アジア
表面化しにくい”闇残業”が増えている(写真はイメージです)
 

 2017年に働き方改革への取り組みが始まり、2019年4月から「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律」(働き方改革関連法)がスタートして半年経つが、すでに働き方改革に歪みが起こっている。

 2015年12月25日、元電通社員の高橋まつりさん=当時(24)=が、住んでいた寮から投身自殺。その原因が最長月130時間の残業などにあったことが明らかとなり、東京・三田労働基準監督署が過労死として認定したことを受け、急速に働き方改革への社会的気運が高まった。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
鷲尾香一 金融ジャーナリスト。本名は鈴木透。元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで様々な分野で取材・執筆活動を行っている。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top