【水】バグダディ、砂のダボス会議、人名録、
   平井さん集中連載(2)、ウクライナ疑惑

執筆者:フォーサイト編集部 2019年10月30日
カテゴリ:

昨日午後、以下の4本をアップロードしました。

「バグダディ急襲作戦」知りながら米軍撤収:トランプ大統領の戦略に強い疑問(インテリジェンスの部屋・春名幹男さん):バグダディ容疑者殺害を、まるで自分の手柄のように語って胸を張ったトランプ大統領。でもそのウソまみれの言葉に、とうとう軍からも強い疑念が――。

 

サウジ開催「砂漠のダボス会議」で「アラムコIPO」動くのか(エネルギーの部屋・岩瀬昇さん):昨年は「例の事件」でドタキャンが続出しましたが、今日から開幕の今回は、世界から続々とVIPが集まっています。
で、最大の目的である懸案の上場、果たしてどれだけアピールできるのでしょうか。

 

トランプ政権「閣僚・重要ポスト人名録」(41)ブルイエット次期エネルギー長官(足立正彦さん):ウクライナ疑惑の、まさに渦中の渦中にいるエネルギー長官、やはりさすがに辞任せざるを得なかったのでしょう。
後任は、こんな人物です。

 

【短期集中連載】変化した「北朝鮮」(2)韓国「非難」米国「牽制」(平井久志さん):あくまで相手はアメリカ――これまで笑顔を振りまいていた北朝鮮が取り始めたのは、韓国に対する猛烈な非難と、立て続けのロケット砲発射実験による米への牽制でした。短期集中連載第2回!

 

17時には『トランプ「今日のつぶやき」解説付!』(藤原朝子さん)も更新。「犬に追い詰められ泣き叫んでいた」とバグダディ容疑者の最期を描写したトランプ大統領ですが、これに誇張疑惑が浮上。そこでムキになった大統領が機密解除した写真とは!?

 

そして今朝の更新記事は、藤原朝子さんの『キーマンが暴露したウクライナ疑惑「クレイジー」な内幕――決定的「冒頭陳述」全訳(上)』です。ウクライナ疑惑を巡る弾劾調査は、テイラー駐ウクライナ代理大使の証言によって新たなフェーズに突入しました。彼が「クレイジー」と評する内幕を浮き彫りにした冒頭陳述の全訳を2回に分けてお届けします!

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top