【月】「聖徳太子=入鹿」、水道崩壊、書評、
   灼熱、不妊治療と中国人

執筆者:フォーサイト編集部 2019年12月9日
カテゴリ:

金曜午後から週末にかけて、以下の4本の記事をアップロードしました。

やはり『聖徳太子は蘇我入鹿である』(国際人のための日本古代史・関裕二さん):飛鳥時代最大でありながら被葬者が特定されていない小山田古墳。蘇我蝦夷・入鹿親子説が有力だが、それ以上に謎なのが、恐らく未完成であるということ。その謎を追うと、古代史最大の謎までが明瞭に解けるのです。

 

『水道崩壊』世界の「いま」日本の「これから」(4)アメリカの現状(加藤崇さん):日本ではそうそうありませんが、米国ではかなり頻繁に起こっている漏水事故。理由の1つは、どうやら米国人特有の気質にあるようですが、そもそも水道管の補修についての考え方の違いも大きいようです。

 

小川洋子『小箱』 評者:杉江松恋(書評家)(Bookworm):小川洋子さんの7年ぶりとなる書き下ろし長篇『小箱』は、死が終わりではなく、生と一続きになった世界を描いた物語だという。亡者とともにある幻のような共同体が舞台ですが、生の実感を感じさせる、と評者は言います。

 

灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(81)(佐野美和さん):「美容部長」という肩書を得て以降、水を得た魚のように活躍を始めるあき。欧米での生活経験から先端の美容事情について分かりやすく解説し、実体験も交えるあきの講演は話題となり、全国の女性販売店主たちの心をつかんでいくのだった。

 

金曜17時には、『トランプ「今日のつぶやき」解説付!』(藤原朝子さん)も更新しています。下院で「弾劾訴追」に向けた手続きが進む中、「上院でフェアな弾劾裁判ができる」と強気のトランプ大統領。「我々のシステムが、どれだけ腐っているかを明らかにする」と、やる気満々です。

 

そして今朝の更新記事は、こちら。

「不妊治療」中国人患者受け入れが日本の医療を救う(医療崩壊・上昌広さん):意外ですが、訪日する中国人の中には、日本での不妊治療を望む人が少なくありません。その希望を受け入れていくことが、日本の医療の衰退にブレーキをかけることになるはずです。

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top