【水】インド政変、石油州テキサス、
   トランプ迷走、プーチン深謀遠慮

執筆者:フォーサイト編集部 2020年4月1日
カテゴリ:

昨日午後、下記の記事をアップロードしています。

「コロナ禍」の間隙を突いた「インド与党」の政変劇(緒方麻也さん):インドでも新型コロナの感染が拡大していますが、その隙をついて与党「BJP」が政変を仕掛けました。
中部の州で州政権を奪還。かなりの荒業です……。

 

「価格戦争」で大被害「石油州テキサス」失業者「15.5万人」の惨状(岩瀬昇さん):サウジとロシアの「価格戦争」、実は最も被害を被っているのは米シェール業界。そして、昔から「石油州」として成り立ってきたテキサスでは、すでにこんな惨状が始まっています。

 

「再選最優先」トランプ「新型コロナ対策」の迷走は「安倍政権」の教訓となるか(渡部恒雄さん)支持率上昇に気をよくして、ツイッターでは日々勇ましいこと、政敵の批判を繰り返し、新型コロナ対策についても「自分は賞賛されるべき」「自分への感謝が足りない」と言いたい放題。しかし仔細に検証すると、じつは現在の感染拡大はこの指導者の責任であることがよくわかります。

17時にはこちら「トランプ『今日のつぶやき』解説付!」(藤原朝子さん):米海軍の病院船コンフォート号がニューヨークに入港しました。

マスクや人工呼吸器などの医療物資の調達が急務のトランプ大統領、世界に支援を求めています。

 

そして今朝の更新記事は、こちら。

ロシアの財布「国営石油」保有ベネズエラ資産譲渡はプーチンの「深謀遠慮」(岩瀬昇さん):表面的には、単に右の財布から左の財布に移しただけとしか見えませんが、そこはこの人、実は幾重にも計算された思惑があるようです。
ポイントは、ベネズエラと、OPEC、です。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top