米大統領選と「SNS」(下)ついに警告されたトランプ「やりたい放題」ツイッター

執筆者:山田敏弘 2020年7月9日
エリア: 北米
「「暴力の賛美」に関するルールに違反しているとして非表示になった5月29日のツイッター(トランプ大統領のツイッターより)

 

 現在、ドナルド・トランプ大統領のやりたい放題の政治的な発言について、大きくなりすぎたSNSの大手プラットフォーマーであるツイッター社やフェイスブック社に、責任を問う声が向かうようになっている。

 こうした国政を左右するようなSNS上の政治的問題に対して、両社の方針ははっきりと分かれた。

「言論の自由を尊重」するフェイスブック

 フェイスブック社は、政治広告を排除しないとの姿勢を崩さなかった。あくまでも言論の自由を尊重するとし、政治的な投稿や広告(SNSでは広告費を払って投稿を広く拡散させることができる。多く払うほど、幅広いユーザーにリーチできる)も制限していない。

カテゴリ: 政治 IT・メディア
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
山田敏弘 国際ジャーナリスト、ノンフィクション作家。講談社、ロイター通信社、ニューズウィークなどを経て、米マサチューセッツ工科大学(MIT)のフルブライト研究員として国際情勢やサイバー安全保障の研究・取材活動に従事。帰国後の2016年からフリーとして、国際情勢全般、サイバー安全保障、テロリズム、米政治・外交・カルチャーなどについて取材し、連載など多数。テレビやラジオでも解説を行う。訳書に『黒いワールドカップ』(講談社)など、著書に『モンスター 暗躍する次のアルカイダ』(中央公論新社)、『ハリウッド検視ファイル トーマス野口の遺言』(新潮社)、『ゼロデイ 米中露サイバー戦争が世界を破壊する』(文芸春秋)、『CIAスパイ養成官 キヨ・ヤマダの対日工作』(新潮社)。近著に、『サイバー戦争の今』(KKベストセラーズ)、『世界のスパイから喰いモノにされる日本』(講談社)。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top