国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史 (126)

古代から水害と闘い続けてきた「科学と共存」という2つの知恵

執筆者:関裕二 2020年8月11日
エリア: アジア
仁徳天皇が掘り豊臣秀吉が大阪城の堀に利用した「難波の堀江」(筆者撮影)
 

 令和2年(2020)7月、梅雨前線が停滞し、日本各地で水害が発生した。数十年に一度という豪雨が毎年襲ってくるようになってしまった。何かしらの対策を考えねばなるまい。

 人類は大昔から、水害と闘ってきた。砂漠化が進む中国も、例外ではない。最初の王朝「夏」は、黄河の治水に成功して繁栄を獲得した。夏王朝の始祖・禹(う。前2297〜前2198)は黄河流域の用水路を巧みに利用して、川の氾濫から民を守り、豊かな国を築いたという。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。武蔵野学院大学日本総合研究所スペシャルアカデミックフェロー。著書に『聖徳太子は蘇我入鹿である』(ワニ文庫)、『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)、『「死の国」熊野と巡礼の道: 古代史謎解き紀行』 (新潮文庫)など多数。最新刊に『神武天皇 vs. 卑弥呼 ヤマト建国を推理する』(新潮新書)、『古代日本人と朝鮮半島』(PHP文庫)、『「始まりの国」淡路と「陰の王国」大阪: 古代史謎解き紀行』(新潮文庫)がある。
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top