2030年に向けて。VUCAの時代からニューノーマルの時代へ

執筆者:辻野晃一郎 2021年6月21日
エリア: その他
GAFA4社の時価総額は、日本のGDPをはるかに上回っている ⓒ AFP=時事
気候変動を伴う地球環境の変化、人口爆発と超高齢社会、米中の覇権争い、加速し続ける技術革新――私たちのこの先10年は、激変する未来に対する回答を示す待ったなしの刻限となる。 遠い先の話ではなく“いまここで”未来を構想するビジネスパーソンと、2030年に向けた生き方・働き方の指針を考える。

はじめに

   今回からこちらの連載をお引き受けすることになった。『グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた』という初の著作を新潮社さんから上梓したのは2010年の年末だったが、それから10年余の歳月を経てまた新潮社さんのフォーサイトで連載を始めることになったのも何かの縁だろう。

   この10年余で日本も世界も激変した。今や、いわゆるGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)の4社を合計した時価総額は700兆円に迫り、他にも完全復活を遂げたマイクロソフトや自動車の再定義を進めるテスラ、動画配信で急成長するネットフリックス、シェアリングの先鞭をつけたウーバー・テクノロジーズなどを加えると、これらの時価総額合計は1000兆円を超える。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
辻野晃一郎 福岡県生まれ。アレックス株式会社代表/グーグル日本法人元代表。1984年に慶応義塾大学大学院工学研究科を修了し、ソニーに入社。88年にカリフォルニア工科大学大学院電気工学科を修了。VAIO、デジタルTV、ホームビデオ、パーソナルオーディオ等の事業責任者やカンパニープレジデントを歴任した後、2006年3月にソニーを退社。翌年、グーグルに入社し、グーグル日本法人代表取締役社長を務める。2010年4月にグーグルを退社し、アレックス株式会社を創業。現在、同社代表取締役社長兼CEOを務める。2012年4月~2017年3月早稲田大学商学学術院客員教授、2013年10月~2016年8月 内閣府高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(IT総合戦略本部)規制制度改革分科会メンバー、2016年6月~2018年9月 神奈川県ME-BYOサミット神奈川実行委員会アドバイザリーメンバー。2017年8月より株式会社ウェザーニューズ社外取締役。著書に、『グーグルで必要なことは、みんなソニーが教えてくれた』(2010年 新潮社、2013年 新潮文庫)、『成功体験はいらない』(2014年 PHP ビジネス新書)、『リーダーになる勇気』(2016年 日本実業出版社)、『「出る杭」は伸ばせ!なぜ日本からグーグルは生まれないのか?』(2016年 文藝春秋社)、『日本再興のカギを握る「ソニーのDNA」』(2018年 講談社)。
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top