「石油vs.天然ガス」の「代理戦争」だった「盟主」サウジの対カタール断交

カタールの首都ドーハに立ち並ぶ高層ビル群。LNGの賜物だ (C)AFP=時事

 

 サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)など4カ国によるアラブの同胞カタールとの断交は、解決の糸口が見えないまま対立が固定化しつつある。カタールの背後にいるイランとサウジの宗教・外交上の対立、カタールのムスリム同胞団への支援、さらに世界で最も豊かな国の1つになったカタールに対するサウジの嫉みなど、幾つかの背景分析が出ているが、エネルギーの観点では別の構図が浮かび上がる。それは「石油対天然ガス」の代理戦争である。世界最大の石油輸出国であるサウジと、世界最大級の液化天然ガス(LNG)輸出国のカタールが化石燃料の覇権をめぐって争っているとみれば、対立は予想以上に深刻で、長期化するとみるべきかもしれない。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
後藤康浩 亜細亜大学都市創造学部教授、元日本経済新聞論説委員・編集委員。 1958年福岡県生まれ。早稲田大政経学部卒、豪ボンド大MBA修了。1984年日経新聞入社。社会部、国際部、バーレーン支局、欧州総局(ロンドン)駐在、東京本社産業部、中国総局(北京)駐在などを経て、産業部編集委員、論説委員、アジア部長、編集委員などを歴任。2016年4月から現職。産業政策、モノづくり、アジア経済、資源エネルギー問題などを専門とし、大学で教鞭を執る傍ら、テレビ東京系列『未来世紀ジパング』などにも出演していた。現在も幅広いメディアで講演や執筆活動を行うほか、企業の社外取締役なども務めている。著書に『アジア都市の成長戦略』(2018年度「岡倉天心記念賞」受賞/慶應義塾大学出版会)、『ネクスト・アジア』(日本経済新聞出版)、『資源・食糧・エネルギーが変える世界』(日本経済新聞出版)、『アジア力』(日本経済新聞出版)、『強い工場』(日経BP)、『勝つ工場』(日本経済新聞出版)などがある。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top