【月】仁和寺秘宝、アルメニア人虐殺、
   小説、ロケット・ササキ訃報、
   阿川さん、本の虫、FRBの懸念

執筆者:フォーサイト編集部 2018年2月5日
カテゴリ:

金曜午後から昨日にかけて、以下の6本の記事をアップロードしました。

仏教美術の真髄に触れる「仁和寺」「御室派」のとてつもない「秘宝」(フォーサイト編集部):東京国立博物館で開催されている「仁和寺と御室派のみほとけ――天平と真言密教の名宝――」展に出展されている数々の「寺宝」は見逃せません。秘仏、本尊、国宝、重文がずらりと揃っています。

 

アルメニア人「大虐殺」の闇:映画『THE PROMISE/君への誓い』監督インタビュー(フォーサイト編集部):日本人が知ることの少ない、第1次世界大戦中のオスマン帝国によるアルメニア人大虐殺。この事件を背景にした映画『THE PROMISE』を演出したテリー・ジョージ監督に、その製作意図や現代との関わりについて聞きました。

 

連載小説 Δ(デルタ)(42)(杉山隆男さん):巡視船「うおつり」で愛国義勇軍に拘束された市川。作業用ゴムボートのありかを教えなければ、人質の乗組員を爆殺すると脅される。一方首相官邸では――。

 

巨星墜つ! 技術の先端を驀進した「ロケット・ササキ」の102年(大西康之さん):わが国の先端技術開発を牽引し、あの孫正義を見出して育てた元シャープ副社長の「ロケット・ササキ」さんが逝去! 懇意にしていた大西さんが追悼します。

 

かつぶしご飯(やっぱり残るは食欲・阿川佐和子さん):お父様の阿川弘之氏が好んだかつお節弁当。90歳を過ぎて入院してもなお、このお弁当を求めておられたようです。さて、その作り方は……。

 

加藤シゲアキ『チュベローズで待ってるAGE22』『チュベローズで待ってるAGE32』評者:大森 望(翻訳家・評論家):アイドル業をこなしつつ、執筆を続ける加藤シゲアキ。今度の2冊は、良質なミステリーであると同時に、恋愛小説としても深みのある作品だそうです。

 

そして本日の更新記事は、青柳尚志さんの好評連載「堕ちゆく世界の迷走」第89回「FRBが抱く『米国債バブル』『株高』『政権迷走』というトリプル懸念」です。順調に上がり続けていたはずの米株価が、ここにきて急落。その裏には政権のドル安容認、長期金利の上昇があり、トップが交代したばかりのFRBにとって大きな試練となっています。

 

 

 

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top