「老害」極まった「富士フイルム天皇」に引退勧告

執筆者:杜耕次 2018年6月20日
カテゴリ: 経済・ビジネス 国際
エリア: 北米 日本
「名経営者」と言われたのも今は昔。富士フイルムの天皇・古森重隆CEO (C)時事

 

 半世紀を超える合弁事業パートナーの米ゼロックスに仕掛けた買収案件が泥沼化し、窮地に陥っている富士フイルムホールディングス(HD)。2018年1月31日の買収提案時、会長兼最高経営責任者(CEO)の古森重隆(78)は「キャッシュは一切使わない」と、自身で練り上げたスキームを自画自賛し、米ゼロックスの「大株主」で経営陣との対決色を強めていた著名投資家のカール・アイカーン(82)らについて、「アクティビィスト(物言う株主)たちもおとなしくなるでしょう」と楽観視していた。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み

池内恵の中東通信

池内恵(いけうちさとし 東京大学教授)が、中東情勢とイスラーム教やその思想について日々少しずつ解説します。

クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top