黒田日銀総裁「出口戦略」地ならしで「豹変」

執筆者:鷲尾香一 2018年11月16日
カテゴリ: 経済・ビジネス 金融
エリア: 日本
問題発言を行った際の黒田総裁(C)時事

 

 黒田東彦・日本銀行総裁の発言が大きく変化し始めている。それは、さながら金融政策の正常化に向けて、「市場との対話」を始めるための“地ならし”を行っているかのようだ。

苦しい言い訳

 11月5日、名古屋で行われた経済界代表者との懇談での挨拶で、黒田総裁からとんでもない言葉が飛び出た。「かつてのように、デフレ克服のため、大規模な政策を思い切って実施することが最適な政策運営と判断された経済・物価情勢ではなくなっている」と述べたのだ。これに続く言葉として、「従って、現在行っている大規模な金融緩和政策を徐々に正常化していく」と言ったとしても、何の違和感もなかっただろう。もちろん、実際には言っていない。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
鷲尾香一 金融ジャーナリスト。金融業界紙、通信社などを経てフリーに。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top