【水】ナマハゲ、ミクロネシア連邦(上)(下)
   台湾統一地方選

執筆者:フォーサイト編集部 2018年11月21日
カテゴリ:

昨日午後から以下の3本をアップロードしました。

「無形文化遺産」に内定「ナマハゲ」「トシドン」来訪神の「危機」(田井誠さん):今月26日から始まる「ユネスコ」の政府間委員会で、秋田の「ナマハゲ」や鹿児島の「トシドン」といった日本の伝統文化「来訪神」が、無形文化遺産に登録される可能性が高まっています。しかし朗報の裏腹で、地元では「危機」が広がっていました。

 

国交樹立30周年「日本」と「ミクロネシア連邦」の架け橋となった「日系人」の物語(上)(フォーサイト編集部):今年12月に日本との「国交樹立30周年」を迎える南太平洋の「ミクロネシア連邦」。歴史的に深い繋がりがある両国ですが、その道筋の裏側には、架け橋となった「日系人の物語」がありました。

 

国交樹立30周年「日本」と「ミクロネシア連邦」の架け橋となった「日系人」の物語(下)(フォーサイト編集部):日系人の多い国と言えばブラジルですが、割合は1%にも達しません。一方、「人口の2割が日系人」という驚くべき国があります。南太平洋の「ミクロネシア連邦」。国交樹立30周年を迎えた両国の架け橋となったのも、日系人でした。

 

17時は「トランプ『今日のつぶやき』」も更新しています。中米からの「キャラバン」の到来を受けて、トランプ大統領は国境のフェンスに有刺鉄線を張り巡らす作業を進めています。誰もよじ登らせないぞ!というわけですが、「キャラバン」は待ったなしで続々とやってきています。

 

そして今朝の更新記事は、「中国・台湾の部屋」野嶋剛さんの「『蔡英文総統』崖っぷちの『台湾統一地方選』直前情勢」です。今週土曜の24日に「台湾の統一地方選」が行われます。「2020年総統選」の行方をも左右すると言われる戦いですが、蔡英文総統の与党民進党は大苦戦。直前の情勢をお伝えします!

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top