重電御三家「総崩れ」で求められる「再生可能エネルギー」戦略

原発事業についてメディアを呆れさせる発言を繰り返す世耕弘成経産相(右)と経団連の中西宏明会長(C)時事

 

 英国での原子力発電事業計画から事実上撤退を決めた日立製作所が、今度は風力発電機生産からも手を引くと発表した。

 歴代政権と経済産業省が推進してきた「原子力立国計画」や、原発事故後の福島の再生を担った「浮体式洋上風力発電システム実証研究プロジェクト」などの失敗が次々に表面化。官主導の的外れなエネルギー戦略に安易に乗ったツケの支払いに追われている形だが、これは何も日立に限ったことではない。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top