国際人のための日本古代史
国際人のための日本古代史 (108)

「藤原氏」のワナで怨霊となった菅原道真「左遷の日」

執筆者:関裕二 2019年2月6日
タグ: 中国 日本
エリア: アジア
菅原道真を祭神としてまつる北野天満宮(筆者撮影)

 

 毎年1月25日は「左遷の日」なのだそうだ。昌泰4年(901)のこの日に、平安京から大宰府に左遷させられた歴史上の人物がいた。それが、学問の神として名高い菅原道真である(受験シーズンに登場いただいたのは、何かの縁か?)。

幽閉されたまま憤死

 九州に赴くとき菅原道真が詠んだ次の歌は、あまりにも有名だ。

東風(こち)吹かば にほひおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘れそ

 左遷の憂き目に遭った人間の悲哀が、込められている。

カテゴリ: 政治 カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
関裕二 1959年千葉県生れ。仏教美術に魅せられ日本古代史を研究。武蔵野学院大学日本総合研究所スペシャルアカデミックフェロー。著書に『聖徳太子は蘇我入鹿である』(ワニ文庫)、『藤原氏の正体』『蘇我氏の正体』『物部氏の正体』(以上、新潮文庫)、『伊勢神宮の暗号』(講談社)、『天皇名の暗号』(芸文社)、『「死の国」熊野と巡礼の道: 古代史謎解き紀行』 (新潮文庫)など多数。最新刊に『神武天皇 vs. 卑弥呼 ヤマト建国を推理する』(新潮新書)、『古代日本人と朝鮮半島』(PHP文庫)、『「始まりの国」淡路と「陰の王国」大阪: 古代史謎解き紀行』(新潮文庫)がある。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top