饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(248)

老舗キャバレー「ムーラン・ルージュ」がフレンチカンカン披露した「駐日フランス大使公邸」の夜

踊り子に挟まれた公邸料理人セバスチャン・マルタン氏(左)とムーラン ルージュの料理長ダビッド・ルケレック氏(筆者撮影、以下同)

 

 駐日フランス大使公邸(東京・港区南麻布)で3月20日、恒例の夕食会イベント「グード・フランス(フランスの味覚)」が開かれた。今年は創設130年になるパリの老舗キャバレー「ムーラン・ルージュ」が協賛企業となり、本国からやってきた踊り子によるフレンチカンカンも披露されて、公邸は艶っぽい雰囲気と拍手とブラボーの声援に包まれた。

プロバンス地方がテーマ

 「グード・フランス」はフランスの料理文化の魅力を伝えようと、仏外務省が音頭をとって2015年に始めた。毎年、3月21日前後の一夜、世界150カ国にあるフランス大使公邸に各界の人々を招いて夕食会を開く。各国でこのイベントに協力してくれるレストランでは、フランスの地方料理をさほど高くない値段で提供する。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、専門編集委員を経て、2014年から客員編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、『ワインと外交』(新潮新書)、『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)、『知られざる皇室外交』(角川書店)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。5月16日、新潮新書から『皇室はなぜ世界で尊敬されるのか』 を刊行した。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 最新コメント
  • 最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top