【月】米中「情報」対決、米移民取締強化、
   書評、灼熱、GSOMIA破棄

執筆者:フォーサイト編集部 2019年8月26日
タグ: 香港デモ GSOMIA

金曜午後から週末にかけて、以下の4本の記事をアップロードしました。

米中「インテリジェンス対決」秋の陣へ:香港デモ・貿易戦争で中国が強硬策(インテリジェンス・ナウ・春名幹男さん):貿易戦争のウラで激しく行われている、米中「情報戦争」。中国は体制のスキをついて、米国に強硬な攻勢を仕掛けています。その中身とは――。

 

再選に向けて「不法移民取締強化」を中米地域に展開するトランプ大統領(アメリカの部屋・足立正彦さん):大統領選からの最大の公約でもある「壁」建設。支持率に不安を覚えたのか、ここにきてさらに不法移民取り締まりを強化しようとしています。ますます分断が進む米国社会、これで大丈夫なのでしょうか。

 

金原ひとみ『アタラクシア』 評者:中江有里(女優・作家)(Bookworm):評者曰く「普段は皮膚の下にあるグロテスクな自分の中身に目をそむけたくとも、なぜか見ずにはいられない」気にさせられるという本書。アタラクシア=心の平穏というタイトルが示唆的な作品です。

 

灼熱――評伝「藤原あき」の生涯(66)(佐野美和さん):帝劇での公演が復活するや連日大入りの大好評を博すようになる藤原歌劇団。が、義江はプリマドンナたちの待遇の低さに苦慮する。その一方で情事の深みにはまっていくが……。

 

金曜17時には、『トランプ「今日のつぶやき」解説付!』(藤原朝子さん)も更新しています。「FRBは我々を競争で不利な立場にしている」とトランプ大統領。連日の利下げ圧力にもかかわらずパウエル議長が利下げを確約しないため、週末も「口撃」が続いています。

 

そして本日の更新記事は、こちら。

アジア集団安保体制の「楔」を抜く「日韓GSOMIA停止」の行きつく先(安全保障の部屋・林吉永さん):ついにGSOMIA破棄を発表した韓国。そこには政治的な判断があったわけですが、アジアの集団安全保障に、そして何より韓国軍にとって大きな痛手です。

 

カテゴリ:
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top