米国よりロシアに打撃となりかねない「タリバン勝利」

2015年以降、ロシアはアフガニスタン和平に積極的に関与していった(写真は2018年11月、モスクワでの和平会議に出席したタリバン代表)(C)時事
米国の敗北を対岸の火事のごとく評するロシアメディア。タリバンとの信頼関係も演出されるが、新政権への肩入れは中央アジア諸国の反発を招く可能性がある。そして最も恐れるべきシナリオは、北カフカスのイスラム過激派が刺激され、2000年代初頭のチェチェン独立派テロの悪夢が再現されることだろう。

 アフガニスタンの親米派政権崩壊について、ロシアは「米国の敗北」「民主主義の押し付け失敗」などと失策をはやす論調が目立つ。

 ロシアのメディアは、「親ソ派のナジブラ政権はソ連軍撤退後3年半持ちこたえたが、親米派のガニ政権は米軍撤退前に崩壊した」(『モスクワ・タイムズ』、8月16日付)、「米軍が20年でアフガンに投入した戦費は、ソ連軍の戦費の7倍以上」(『ベドモスチ』、8月23日付)などとあまり意味のない比較をしていた。

この記事だけをYahoo!ニュースで読む>>
カテゴリ: 政治 軍事・防衛
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)、『北方領土はなぜ還ってこないのか』(海竜社)など。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top