プーチンがウクライナで実行する「未完の仕事」とは

執筆者:名越健郎 2021年11月26日
エリア: 北米 ヨーロッパ
11月4日、クリミア半島のセバストポリを訪れたプーチン露大統領。挑発か余裕か (C)AFP=時事
ウクライナとの国境に10万の兵を展開したプーチン大統領。その心中には、ロシア帝国を復活して“レガシー”を残そうという思惑が。風雲急を告げるウクライナ情勢、4つのシナリオ――。

 12月1日は、ウクライナが国民投票で90%以上の賛成を得て、ソ連邦からの独立を決めて30周年。ウクライナの独立決定を受けて、ロシア、ウクライナ、ベラルーシのスラブ3国がソ連邦解体を決め、ミハイル・ゴルバチョフ大統領が退陣。ソ連は1991年12月末に崩壊し、15の新興独立国が誕生した。

 だが、ロシアは今年、ウクライナ国境地帯で軍事演習を実施し、10月以降、10万の大軍を国境に展開するなど緊張が高まっている。ソ連崩壊を「20世紀最大の地政学的悲劇」と称したウラジーミル・プーチン露大統領は、ウクライナを「ロシアの一部」とみなし、「未完の仕事」に着手するとの見方が出てきた。

この記事だけをYahoo!ニュースで読む>>
カテゴリ: 政治 軍事・防衛
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
執筆者プロフィール
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)、『北方領土はなぜ還ってこないのか』(海竜社)など。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top