パレスチナとの連合国家化も浮上するヨルダン王国の岐路

執筆者:浅井信雄 2003年5月号
エリア: 中東

 フィラデルフィアといえば、米国の独立宣言が発せられた東部の都市だが、実はヨルダン王国の首都アンマン一帯に紀元前三世紀頃、建設された都市フィラデルフィアと同名である。 この古いフィラデルフィアを建設したのはヘレニズム時代(紀元前三三四年-前三〇年)、アレキサンドロス大王の後継者プトレマイオス・フィラデルフォス二世である。同じ頃、南西部のぺトラに交易拠点としてナバテア国が栄えた。アンマンにはヘラクレス神殿やローマ時代の円形劇場の遺跡がいまも残る。以上のことだけで、ヨルダン一帯が古代史の激動の舞台であり、さまざまな民族が出入りしたことがうかがわれる。

カテゴリ: カルチャー
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top