【木】北朝鮮(中)、(下)、米イ危機、
   米民主党2本、安倍「中東歴訪」

執筆者:フォーサイト編集部 2020年1月16日
カテゴリ:

昨日午後、下記の記事をアップロードしています。

北朝鮮「非核化」危うし(中)経済的難関に「自力更生」を訴え(平井久志さん)朝鮮労働党中央委総会での金正恩党委員長の報告は、合計7時間にも及びました。そこで金党委員長が強調したのは非核化ではなく、経済面の自力更生による再建でした。

 

北朝鮮「非核化」危うし(下)異例の「大規模人事」と「苦難の行軍」(同)異例の朝鮮労働党中央委総会では、異例の大規模人事も断行されました。金正恩新体制で北朝鮮はさらなる「新しい道」を進むのか、それとも「古い道」の戻るのか――最新分析最終回です!

 

「米イラン危機」と「キューバ危機」類似点と相違点(鈴木一人さん)全面戦争寸前で何とか踏みとどまった感のある「米イラン危機」は、米ソ核戦争寸前までエスカレートした1962年のキューバ危機を想起させます。この2つの危機を比較すると、何が見えてくるのでしょうか。

 

民主党の政権奪還に不可欠な「ブルー・ウォール」の再構築(足立正彦さん)共和民主とも最重要視している「中西部4州」。そこで昨年末、いずれにとっても実に興味深い世論調査の結果が出ています。とりわけ民主党にとっては、トランプ再選を阻止できる候補を決められるかどうかが焦点です。

 

安倍首相「中東歴訪」一体何の「成果」があったのか(岩瀬昇さん)成果があったあったと声高にアピールしていますが、果たして本当でしょうか? 岩瀬さんが詳細に検証してみると、確かに自衛隊派遣に反対はなかったものの、ほかにめぼしい成果は……。
唯一強調している契約も、実は成果どころか甚だお粗末なものなのです。

 

17時には、こちら「トランプ『今日のつぶやき』解説付!」(翻訳解説・藤原朝子さん)イランとの緊張関係が少し和らいだところで、NYタイムズ紙とワイントンポスト紙が相次いで「弾劾」絡みのスクープを報じました。ついにペロシ下院議長が弾劾条項の送付を決め、21日にも弾劾裁判が始まりそうです。さてトランプ大統領の反応は?

そして、今朝の更新記事は、こちら。

「外交・安保政策」を巡る「バイデンvs.サンダース」の議論(足立正彦さん)来月には最初の党員集会が開かれるアイオワ州の最新世論調査で、20%と15%の支持率となったサンダース、バイデン両候補。対イラン関係で俄然、外交・安保政策に注目が集まる中、候補者の中でもとりわけこの2人が真っ向から議論をぶつけ合っています。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
クローズアップ
キャリア決済のお申し込み
フォーサイトのお申し込み
クローズアップ
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top